ホテルのメンバー会員になるとほんとにお得か~大手ホテルグループで比較してみました

私、以前より海外含めて出張が多いことから、流れでHYATT、SPG、Radissonと3つのホテルグループのメンバーになっているのですが、改めてそのメンバーズカード(ポイントカード)のメリットを書き出してみました。
正直、たくさん泊まらないと(年間10泊程度)大きなメリットはないのですが、無料で会員になるだけでホテルグループによっては、多少なりともメリットを受けられることもあるので、自分の整理の意味も込めて、下記比較。

HYATT GOLD PASSPORT:
<ホテル&プログラム概要>
Park Hyatt, Grand Hyatt, Hyatt Regency, Hyattなど世界700ホテル以上が対象。
グレードは4グレードあるが、基本会員であるメンバー会員以上のグレードに上がるためには、最低毎年10泊以上、HYATTグループのホテルに宿泊する必要あり。

ポイントは、1米ドルあたり5ポイント。 5000ポイントから1泊の無料宿泊プレゼント。
ということは、最低10万円の利用が必要。

それ以外の基本会員でも受けられるメリット>
特になし

SPG(Starwood Preferred Guest):
<ホテル&プログラム概要>
Ritz Carlton, Westin, W, Sheratonなど世界1,500か所以上のホテルで利用可能。
グレードは同じくグレードあるが、基本会員であるプリファードゲスト以上の会員資格を得るには、最低毎年10泊以上SPGグループのホテルに宿泊する必要あり。

ポイントは、1米ドルあたり2本と。2000ポイントからの一泊の無料宿泊プレゼント。

それ以外の基本会員でも受けられるメリット>
-客室にボトル入りウォーターを用意。
-希望により午後4時までのレイトチェックアウトが可能。
-SPGのウェブサイトまたは、アプリ経由でホテル予約の場合、インターネット無料。

Radisson Regards:
<ホテル&プログラム概要>
Radisson Blu, Radissonなど世界1,100か所以上で利用可能。
こちらも会員グレードは同じく4段階。エリートステータスは、年間9泊もしくは6回の宿泊から対象。

ポイントは、1米ドルあたり、20ポイント。9,000ポイントから無料宿泊権あり。

それ以外の基本会員でも得られるメリット>
-Food&Drink 5%OFF

ということで、SPGについては入るだけでそれなりにお得です。
Radissonも飲食5%オフというメリットはありますが、日本国内にはほぼ施設が存在しないのがたまに傷。
海外で宿泊しても日本人はほぼおらず、また日本語も通用しないと思ったほうがよいです。。

いずれにしてもどれも入会は無料なので、ご利用の際には入会してみてはいかがでしょうか?



投稿者: とも

フルタイムのワーキング シングルマザーです。 子供は食べ盛りの息子 2人をもつ40代。 これから、まだまだお金も時間も体力もかかる子育てに、たびたび不安になったり、ふとした瞬間に気持ちが何気なく沈んだりすることもしばしば。。 でも、努力して時間、お金、体力も効率化して燃費をよくするよう日々心がけて生活することで、少しでも自分の負担も子供の負担も減らして、楽しく生きていけたらなって常に思っています。 そんな私の  1人で育てていく上で実践している私なりのお金、時間の効率化をここに記録・共有していきたいなと思います。