光熱費節約のための冷暖房器具の購入方法の検討

このエントリーの後に改めて電気代、ガス代等の節約のための電力自由化に伴う電力会社の選定については書こうと思っているのですが、今回は光熱費の節約を鑑みたうえでどの冷暖房器具をどのように使用するのがいいのかについて、引っ越しに当たって業者さんに聞いた内容を踏まえてではありますが、あくまで主観決定した我が家の方針を共有させていただきます。

我が家の結論」
装備:リビングには冷暖房対応エアコン&床暖房
リビング以外は、冷房専用のエアコンを装着

使用方針:暖>冬になったら一定の温度で床暖房をつけっぱなしにする。
冷>ある程度までは窓を開けてしのぎ、夜間寝苦しいときのみ冷房を使用。

<根拠1>「過去の経験」
現在、築11年のマンションに住んでるのですが、すべての部屋にエアコンを配備しているのののほぼ暖房は使いません。。リビングに床暖房が入っているのですがそれを常時使っていれば家全体常にあたたかいです。特に寒いときは重ねて加湿器を使うのも大変おすすめ。うちではいつも加湿器を併用していました。
(まぁ、その程度の広さだからかもしれませんが・・)

<根拠2>「専門業者に聞いた情報」
先日新居の下見に行ったときに、床暖房の業者さんに操作方法等を共有してもらう時間があったのですが、その際にどのような使い方が一番ガス代が安く済むかを聞いたところ(うちはガス床暖房です)、つけっぱなしが一番です。なぜなら、冷暖房器具というのはスイッチを入れたときに一番パワーを使うため、光熱費が上がりやすい。こまめにつけたり消したりするのが一番よくないそうです。。
なるほどね・・「電気はこまめに消して!」と言われていた昭和の時代とはもう違うんですね。。

<根拠3>「冷暖房エアコンより、冷房のみの機種のほうが安い!」
当たり前ではありますが、冷暖房機能のエアコンより冷房のみの機種のほうがやはり安いですw
ちなみに私はこれを購入予定です。

【時間指定不可】【離島配送不可】RC-2217R-W ルームエアコン CORONA コロナ 2.2kW 冷房専用 RC2217RW ホワイト【送料無料(北海道2000円沖縄10000円別途加算)】

価格:34,800円
(2018/5/2 17:04時点)
感想(0件)

ということで、家屋、間取りなどによっても最適な機材と使用方法は異なってくるのだと思いますが、新築マンションの選択支としては、よい選択プランの一つではないかと思います。
ご参考まで。






投稿者: とも

フルタイムのワーキング シングルマザーです。 子供は食べ盛りの息子 2人をもつ40代。 これから、まだまだお金も時間も体力もかかる子育てに、たびたび不安になったり、ふとした瞬間に気持ちが何気なく沈んだりすることもしばしば。。 でも、努力して時間、お金、体力も効率化して燃費をよくするよう日々心がけて生活することで、少しでも自分の負担も子供の負担も減らして、楽しく生きていけたらなって常に思っています。 そんな私の  1人で育てていく上で実践している私なりのお金、時間の効率化をここに記録・共有していきたいなと思います。